ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シリア化学兵器使用疑惑390件

 【ブリュッセル共同】化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は16日、シリア東グータ地区ドゥーマでの化学兵器使用問題で執行理事会を開催した。各国代表のツイッターなどによると、英代表は、シリアで禁止化学物質の使用が疑われた事案が2014年以降、390件あったと指摘し、これに対処できず「その後の野蛮な化学兵器使用」を招いたと訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。