外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】化学兵器禁止機関(OPCW)のウズンジュ事務局長は8日、オランダ・ハーグの本部で開催の執行理事会で、シリア化学兵器の廃棄計画の実施状況を加盟国に報告した。OPCWは米国とロシアの合意に基づき9月28日、来年半ばまでの全廃計画を決定し、先遣隊が今月1日から査察活動を開始した。6日には兵器類の破壊作業も始まっており、ウズンジュ氏は活動の順調な滑り出しについて説明するとみられる。

共同通信