外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】シリアでの化学兵器使用に関する国連調査団は12日、8月の首都ダマスカス郊外グータでの大規模攻撃を含めた計5カ所で、サリンなど化学兵器が使われた可能性を認める最終報告書を潘基文事務総長に提出した。

共同通信