ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シリア化学兵器5カ所で使用か

 【ニューヨーク共同】シリアでの化学兵器使用に関する国連調査団は12日、8月の首都ダマスカス郊外グータでの大規模攻撃を含めた計5カ所で、サリンなど化学兵器が使われた可能性を認める最終報告書を潘基文事務総長に提出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。