【イスタンブール共同】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が7日の初の首脳会談で合意したシリア南西部の停戦が9日、発効した。トランプ政権下で初のシリア和平に向けた具体的な動きだ。ただ7年目に入ったシリア危機では、米ロなどが仲介した停戦と停戦崩壊が繰り返され、今回の停戦も持続するかどうかは見通せない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。