外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】国連の潘基文事務総長は29日、内戦下のシリアで大規模な化学兵器攻撃があったとの疑惑解明に向け、現地入りした国連チームが31日朝までにシリアを出国することを明らかにした。訪問先のウィーンで記者団に述べた。撤収後、米欧「有志連合」による軍事介入がいつでもあり得る情勢となり、シリア内戦は重要局面を迎えた。

共同通信