外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリアのアサド大統領は、6月に開催が見込まれるジュネーブでの国際会議にシリア政府は「原則として参加する」と述べた。30日に放送された隣国レバノンのテレビ局とのインタビューに答えた。ただ、会議について「決定事項の履行には国民投票による合意が必要」と留保を付け、退陣を求める米国などを牽制した。一方、内戦については「勝利を確信している」と述べ、反体制派への武力弾圧を継続する姿勢を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信