外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の5常任理事国は26日、シリアにおける化学兵器の使用を非難し、廃棄を義務付ける決議案に合意した。安保理は全体の非公開協議を26日夜に開催、早ければ27日午後(日本時間28日午前)にも採決する。採択される見通し。安保理外交筋が共同通信に明らかにした。シリアの化学兵器問題は、今回の合意で、米国とロシアによる廃棄枠組みの履行へ大きく前進した。

共同通信