外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】内戦が続くシリアの中部ハマ県で23日、アサド政権側による空爆があり、60人以上が死亡、少なくとも50人がけがをした。負傷者の多くは重傷という。フランス公共ラジオがシリア人権監視団(英国)の情報として伝えた。シリア内戦の1回の空爆による死傷者数としては最悪規模とみられる。空爆のあった地域は最近、反体制派が掌握していた。人権監視団によると、製パン所が標的になったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信