外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【オーランド共同】米フロリダ州オーランドの銃乱射事件で、オマル・マティーン容疑者(29)が現場で射殺される前に警察と電話で話した際、「シリアでの『イスラム国』(IS)への空爆をやめるべきだ」と訴えていたことが分かった。生存者の証言を主要メディアが15日報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信