外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】英国に拠点を置くシリア人権監視団によると、シリア中部ホムスで23日夜、シリア軍がガスを含んだ爆弾を使用し、反体制派民兵6人が死亡した。同監視団のアブドルラフマン代表は共同通信に対し「化学兵器かどうかは不明だが、国際的な調査を求める」と語った。同監視団によると、シリア軍は反体制派との市街戦でこの爆弾を使用。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信