外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリアからの報道によると、首都ダマスカスで23日、治安施設2カ所に対して自動車爆弾による自爆テロがあり、民間人や軍関係者ら少なくとも40人が死亡、約100人が負傷した。3月に反体制デモと武力弾圧の応酬が始まった後、首都の治安施設への大規模なテロは初めて。アサド政権の治安掌握が弱まっていることを示したといえ、内戦状態に陥る懸念が強まりそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信