世界の出来事

 【カイロ共同】シリア北部イドリブ県の反体制派支配地域で4日早朝、化学兵器を使用したとみられる空爆があり、シリア人権監視団(英国)によると、多くの民間人を含む少なくとも58人が死亡、160人が負傷した。アサド政権軍側による空爆とみられる。民間人の犠牲を含む空爆では今年に入り最大規模の被害になった。

共同通信

 世界の出来事