外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリア内務省は26日、反体制派弾圧を続けるアサド政権が民主化改革の一環として実施した新憲法案の是非を問う国民投票が「高い投票率」で実施されたとの声明を出した。反体制派はボイコットを呼び掛けており、投票は体制支持者を中心とした圧倒的な賛成多数で承認される見通し。開票結果は27日にも発表される。国営テレビは、国内各地の投票所に有権者が続々と訪れる様子を生中継し、国民に投票を促した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信