外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダマスカス共同】シリアのメクダド外務副大臣は7日、化学兵器や関連施設の多くはアサド政権支配地域にあるとした上で、戦闘地域では国連などの査察要員自らが安全上の責任を負わなければならないとの考えを示した。首都ダマスカスで共同通信との単独インタビューに応じた。国連と化学兵器禁止機関(OPCW)の査察団は6日、兵器類の破壊作業に着手し、来年半ばまでの全廃を目指している。

共同通信