世界の出来事

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は5日、シリア北西部イドリブ県で化学兵器が使用されたとみられる空爆について「被害者には急性の呼吸困難などが出ており、神経ガスなど有機リン系の化学物質を浴びた際の症状と合致する」と指摘した。サリンなどの神経ガスが用いられた可能性が高いとしている。

共同通信

 世界の出来事