外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリア首都ダマスカスや北部イドリブ県など各地で10月31日、政府軍による空爆や戦闘、爆弾テロが相次ぎ、英国に拠点を置くシリア人権監視団によると市民55人を含む130人以上が死亡した。同監視団によると、政府軍は首都東郊を戦闘機で攻撃、ダマスカス市内ではイスラム教礼拝所付近で爆発があり7人が死亡。イドリブ県では、政権側部隊の補給路になっている幹線道路付近の軍陣地を反体制派が攻撃するなど戦闘が激化。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信