外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリア軍の包囲作戦による食料不足が深刻化し、多数の死者が出ていた反体制派の拠点、首都ダマスカス南部ヤルムーク地区から19日、数十人が避難した。軍が包囲を緩めたことにより、住民らの地区外への大規模避難が始まったとみられる。フランス公共ラジオが報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信