外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】シンガポール政府が海外からの移民受け入れを大幅に拡充したことについて、同国政府高官は6日、少子高齢化が進んでいるのに移民受け入れに消極的で、経済低迷が長期化している日本を教訓にした政策だと明らかにした。ストレーツ・タイムズ紙(電子版)が7日報じた。高官は、日本の苦境は「ツナミ」のように押し寄せる急速な少子高齢化の結果とした上で、シンガポールは約30年前の日本に似ていると指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信