外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】シンガポール政府の諮問委員会は4日、首相の年収が約1億8千万円に上るなど「高額過ぎる」と国民から批判が強かった閣僚ら政府要職の年間報酬について、最大約5割の大幅削減を提言した。政府は提言受け入れの意向を表明、新たな給与基準は現在の内閣が発足した昨年5月にさかのぼって適用される。公表された委員会報告書は、リー・シェンロン首相の年収を28%、閣僚の年収も最大33%削減を提言。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信