外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都港区のマンションで2006年6月、住人の男子高校生が死亡したエレベーター事故で、業務上過失致死罪に問われた製造元シンドラーエレベータの点検責任者だった原田隆一被告(46)ら4人の判決公判が29日、東京地裁であり、杉山慎治裁判長は、原田被告に無罪(求刑禁錮1年6月)を言い渡した。

共同通信