外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 農水省は25日、農林水産物と加工食品の新たな輸出戦略案を有識者による検討会に提示した。産地ごとにばらばらだった売り込み体制を品目ごとに「ジャパン(日本)ブランド」として一本化し、市場開拓に力を入れることが柱。原発事故後の輸出の停滞から、巻き返しを目指す。TPPの交渉参加方針を受け、海外に販路を広げ、農業強化を図る狙いもある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信