外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会最終日は12日、札幌市宮の森(HS100メートル、K点90メートル)で個人第7戦が行われ、ソチ冬季五輪代表で17歳の高梨沙羅が合計237・1点で今季6勝目をマークし、通算で女子最多記録を更新する15勝目を挙げた。男子を含むジャンプの日本勢では船木和喜と並んで歴代2位の勝利数となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信