外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アスタナ共同】内戦の続くシリア全土での停戦維持を図るアサド政権と反体制派の会合は24日、主導するロシアやトルコ、イラン3カ国が停戦監視を強化するとの声明を採択し、カザフスタンの首都アスタナで2日間の日程を終えた。昨年4月に中断した国連主導の和平協議が来月8日にジュネーブで再開される見通しとなった。

共同通信