【ローマ共同】スイスからの報道によると、同国中部ルツェルン近郊の木材加工工場で27日午前、従業員の男(42)が同僚らに向けて拳銃を発砲し、警察当局によると2人が死亡、8人がけがをした。このほか犯人の男も死亡したが、射殺されたのか自殺したのかなど詳細は不明。けが人のうち5人は重傷。男は工場の食堂や作業場などで、狙った相手に向けて発砲したという。犯行の動機などは分かっていないが、男は最近精神的に不安定だったとされる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。