外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】スイスの公正取引委員会に当たる競争委員会は3日、短期金利の国際的な指標であるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)などを不正に操作した疑いで、三菱東京UFJ銀行など日本の3メガバンクを含む銀行12行を調査していると発表した。銀行のトレーダー同士が共謀し、金利を集計するロンドン銀行協会などに実態と違う数値を報告していた疑いがある。東京銀行間取引金利も不正に操作されていた疑い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信