外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カルガリー共同】スピードスケート女子の小平奈緒(30)=長野県出身、相沢病院=が26日、カナダのカルガリーで行われた世界スプリント選手権で総合優勝に輝いた。日本選手の総合優勝は1987年の黒岩彰以来30年ぶりで、女子では初めて。来年の平昌冬季五輪に向け、期待が膨らむ結果となった。小平は「五輪で爆発させたい」と喜びを語った。

共同通信