外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【チェリャビンスク(ロシア)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦、チェリャビンスク大会第2日は19日、ロシアのチェリャビンスクで行われ、男子500メートルは加藤条治が34秒92で優勝し、及川佑は35秒14で前日に続く3位となった。加藤は同種目でW杯通算11勝目。女子500メートルは于静(中国)が37秒65で開幕2連勝し、辻麻希は38秒39で7位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信