外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スピードスケート短距離W杯長野大会最終日は9日、長野市エムウエーブで行われ、男子500メートルで長島圭一郎(日本電産サンキョー)が35秒14で今季初優勝を果たし、通算11勝目を挙げた。及川佑(大和ハウス)が35秒27で6位、加藤条治(日本電産サンキョー)は35秒33で12位と振るわなかった。女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が38秒09で3位に入り、前日の2位に続いて表彰台に立った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信