外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スピードスケートの世界ジュニア選手権第2日は3日、北海道帯広市で行われ、4種目の総合で女子の17歳、高木美帆(北海道・帯広南商高)が初優勝した。日本勢の総合優勝は2004年大会の石野枝里子以来8年ぶり。初日の2種目を終えて総合2位だった高木美は1000メートルで1分17秒69の1位、3000メートルで4分14秒63の4位となり、前回優勝のカロリナ・エルバノバ(チェコ)を逆転した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信