外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スズキは8日、自動車の燃費データを不正に測定していた問題の責任を取り、鈴木修会長が兼務していた最高経営責任者(CEO)職を返上し、技術担当の本田治副社長が辞任する人事を発表した。いずれも29日付。鈴木修氏は、代表権のある会長職は続ける。全役員29人の報酬も責任の度合いに応じて減額する。鈴木会長は40%、鈴木俊宏社長は30%、それぞれ7月から半年間減らす。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信