【平昌共同】平昌冬季五輪第6日の14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝で、平野歩夢(19)が前回のソチ五輪に続いて銀メダルを獲得した。2回目に95・25点の高得点をマークしトップに立ったが、ショーン・ホワイト(米国)に3回目で逆転を許した。ホワイトは2006年トリノ、10年バンクーバー五輪と合わせて3度目の金メダル。今大会、日本選手のメダルは4個目となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。