外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スノーボードのワールドカップ(W杯)ハーフパイプ(HP)の開幕戦は24日、ニュージーランドのカードローナで決勝が行われ、男子はW杯に初めて挑んだ14歳の平野歩夢(バートン)が1回目に92・25点をマークし、初優勝を果たした。1月の世界選手権で銀メダルを獲得した17歳の平岡卓(フッド)が91・75点で2位に入り、子出藤歩夢(日体大)は4位だった。藤田一海(西条ク)は準決勝で敗退し、17位。(共同)

共同通信