外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 SUBARU(スバル)は19日、高速道路で0~120キロの速度での追従走行を可能にする自動運転の新機能を開発したと発表した。アクセルやブレーキ、ハンドル操作の負担を大幅に減らし、安全で快適にドライブできると売り込む。今夏に発売するワゴン「レヴォーグ」などに搭載する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信