外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米司法省がロシアの工作員として11人を起訴した事件で、オバマ米政権が一斉摘発の約2週間前からスパイ交換による決着の検討を開始し、交換相手を名指ししてロシア側に提案したことが9日分かった。米主要メディアが米政府高官の話として報じた。また「西側のスパイ」としてロシアで服役していた交換相手の男性4人のうち2人が同日、空路ワシントンに到着した。他の2人は英国にいる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信