外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スピードスケート短距離のワールドカップ(W杯)帯広大会最終日は12日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、男子500mはバンクーバー冬季五輪銅メダルの加藤条治が34秒96で制し、同種目で今季3勝目、通算10勝目をマークした。同五輪銀メダルの長島圭一郎が35秒193で前日に続く2位。太田明生は35秒29で4位だった。女子500mは小平奈緒が38秒69で4位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信