外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コラルボ(イタリア)共同】スピードスケートの世界ジュニア選手権第2日は23日、イタリアのコラルボで行われ、女子で18歳の高木美帆(北海道・帯広南商高)が前日からのリードを守りきって日本勢初の総合2連覇を果たした。3レース目の1000メートルで1分19秒03の2位に入り、最終種目の3000メートルでもライバルのアントワネット・デヨング(オランダ)に続く2位と粘って逆転を許さなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信