外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カルガリー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦最終日は10日、カルガリーで行われ、女子団体追い抜きで高木菜那(日本電産サンキョー)田畑真紀(ダイチ)菊池彩花(富士急)が組んだ日本は2分58秒53の日本新記録で2位に入った。オランダが2分57秒82で優勝した。

共同通信