ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スペイン王女を事情聴取へ

 【パリ共同】スペインのフアン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女(47)が、夫のウルダンガリン氏(45)の公金横領疑惑に関し今月27日に司法当局の事情聴取を受けることになった。フランス公共ラジオが3日、報じた。スペイン王室はここ2年ほど、ウルダンガリン氏の疑惑や国王による象狩り発覚などでイメージ悪化が進んでいたが一層の打撃となりそうだ。王室報道官は「司法当局の判断についてコメントしない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。