外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マドリード共同】スペイン北部のバスク自治州議会(定数75)選は21日、投開票され、民族派の政党が勢力を伸ばした。財政危機で緊縮策を進める中央政府への反発を背景に、自治権拡大を求める世論がバスクで広がっていることを示した。穏健民族派のバスク国民党(PNV)が27議席で第1党を維持したほか、分離独立を要求する非合法組織「バスク祖国と自由」(ETA)と関連がある「ビルドゥ」が21議席を得て第2党となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信