外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道女子日本代表の暴力指導問題を受け、スポーツ指導者の資質向上を目指す文部科学省の有識者会議は28日、スポーツ団体ごとの資格制度を整備し、原則として全ての指導者に資格を持たせるよう求める報告書をまとめた。柔道の問題を教訓に「スポーツ界全体が暴力行為根絶の強い共通認識を持つ必要がある」と強調している。週明けにも下村博文文科相に提出する予定で、今後の国の施策に反映させる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信