ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スマホ有用性、日米で認識差

 南カリフォルニア大(米国)は21日、日米の10代の子どもとその親それぞれ約600組を対象にしたスマートフォンなどモバイル端末の使用に関する調査の結果を発表した。子どもが新たなスキルを習得するのに役立つと考える親の割合は米国の88%に対し日本は25%にとどまり、モバイル端末の有用性などを巡る両国の意識の違いが浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。