外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岡山大病院が、スリランカに肺移植チームを派遣し、11月末にも現地の患者に生体肺移植を実施することが8日、分かった。同病院によると、実現すればスリランカ初の肺移植を日本の医療チームが実施することになるという。執刀する呼吸器外科の大藤准教授によると、患者はスリランカ国籍の60代男性。呼吸不全に陥る肺線維症と診断され、投薬治療と人工呼吸を続けている。病状が重く、日本への移動は困難な状態としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信