外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】スロバキア議会は11日夜、ギリシャ財政危機の拡大阻止に向けた「欧州金融安定化基金」の機能強化策を否決し、可決を目指したラディツォバー首相の連立政権は事実上崩壊。ただ、この日棄権した最大野党が、今後実施される2回目の採決で賛成に回る見通しのため、強化策は最終的に承認される公算大になっている。ギリシャ危機の根は深いが、スロバキアが再採決で承認すれば、ユーロやEUには一歩前進となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信