外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】旧ユーゴスラビアのスロベニア南部の小都市ピランで24日に行われた市長選で、米大統領にちなんで「スロベニアのオバマ氏」と呼ばれたアフリカ・ガーナ出身の男性医師がスロベニア初の黒人市長に当選した。東欧圏での黒人首長は異例。フランス公共ラジオなどが25日、伝えた。男性はピーター・ボスマン氏(54)。スロベニアメディアは「地元のオバマ氏が勝利」と大きく報じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信