外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米人気俳優のジョージ・クルーニーさんが14日、上院外交委員会の公聴会でスーダンの人権状況について証言し、バシル大統領らを「明らかに今世紀最悪の戦争犯罪人」と批判、人権状況改善のため米政府がさらに関与すべきだと訴えた。クルーニーさんは人権問題で活動を続けており、スーダン南部を訪問したばかり。住民が「常に恐怖の中にいる」と現地の状況を証言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信