外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都訪問中のミャンマー最大野党、国民民主連盟党首のアウン・サン・スー・チー氏は15日、龍谷大(京都市伏見区)で講演し「変化をもたらすという決意が必要。(自分の)国でぜひ変化をもたらしたい」と述べ、ミャンマー民主化をさらに進展させるとの決意を示した。スー・チー氏は学生や教職員約500人を前に「(私たちが望むのは)暴力や怒りを使わず、報復の欲求でもなく、権力を求めることでもない」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信