外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日中のミャンマー最大野党、国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏(67)は17日午後、都内の日本記者クラブで記者会見し、「政党の党首で国のトップになりたくない人がいるのか」と述べ、大統領就任に強い意欲を示した。さらに「持続可能な経済成長のためには平和と統一が必要」と、国民和解の重要性を強調。日本政府に「(ミャンマーの)国民を念頭に置いた支援をしてほしい」と協力を求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信