外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日中のミャンマー最大野党、国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏(67)は17日、東大で学生らに講演し、軍の影響力を残す現行憲法について「軍の同意を得た上で改正したい」と強い意欲を示した。現行憲法では連邦議会の定数の4分の1を軍人に割り当てるなど軍の意向が強く反映される仕組みのため、スー・チー氏は13日にも、2015年の次期総選挙前に改憲すべきだとの考えを初めて明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信