【ヤンゴン共同】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の報道官は13日、スー・チー氏が19日に首都ネピドーで演説すると発表した。イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で国際的な批判が高まる中、立場を説明するとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。