セブン&アイ・ホールディングスは26日、株主総会を開いた。新社長に昇格する井阪隆一氏(58)らを取締役に選任する議案が承認され、新たな経営体制が発足した。カリスマ経営者といわれた会長兼最高経営責任者(CEO)の鈴木敏文氏(83)が退き、24年ぶりの経営トップの交代となった。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。